おすすめ商品・サービス

もうお風呂掃除で消耗しない!「バスタブクレンジング」は一家に一つの必需品。

更新日:

こんにちは、ゆら@4児の母(@YURAmarie)です。

本日は、わたしが毎日必ず使っている掃除用品のご紹介です。

その名も「バスタブクレンジング」。聞いたことがある方も多いと思いますが、これ本当に素晴らしいです。

こすらずに浴そう掃除

ミストをシューっと浴そう全体に吹きかけ、60秒待って流すだけ。1プッシュで約1m幅に広がるミストだから、洗剤を浴そう全体に簡単にかけやすい。

こすらずに除菌

1プッシュ1mのバスタブクレンジングに銀イオン配合だから広範囲をこすらずに除菌。

こすらずにピンク汚れ予防

銀イオンプラスをかけて60秒後に流すだけで、ピンク汚れ予防ができる。ピンク汚れの正体は、目に見えないロドトルラという微生物(酵母)等が増殖してできる生物由来の汚れです。浴そう掃除のついでに、床や排水口に週1回以上を目安に定期的にかけて流すだけで、原因微生物を除去し、ピンク汚れの発生を防ぎます。(公式サイトより)

浴槽をこすらずお風呂掃除が出来る救世主!

家事を少しでもラクにするための努力は惜しまないタイプなので、発売開始からすぐ飛びつきました。通常タイプと銀イオン配合タイプの2種類ありますが、なんとなく効果が高そうな銀イオンタイプを使ってます。

本日はバスタブクレンジングがどれだけ素晴らしいかを力説したいだけのブログです。まじで日本中全ての家庭に配布されて欲しいと思ってるので、ぜひ名前だけでも覚えて帰って下さい!

バスタブクレンジングの使い方

もはや説明する必要もないくらい簡単なのですが、

1. まず浴槽全体にシュッシュする

2. 1分放置

3. 流す

の3ステップです。ほんとにこれだけ。これだけでいつものお風呂掃除(スポンジを水で湿らす→洗剤をつける→スポンジを泡立てる→浴槽をくまなくゴシゴシこする→水で流す等)が終わるんです。使わない理由がありません。  

実際に使用した時の様子

分かりやすいように我が家のお風呂で紹介します。まずこちらが使用前の浴槽内の様子です。※汚画像注意

ところどころ汚れているのが分かるかと思います。それが泡を吹きかけると・・

こんな感じ。浴槽内の全体像はこちら。

上から下までまんべんなく吹きかけた様子です。床の真ん中部分も忘れずに。これで60秒置くと……

こう。泡が汚れを落として下にたまっているのが分かります。そこで水をかけると、

こんな風にきれいになりました!!

 

使用する時の注意点

とは言えバスタブクレンジングも万能じゃないので、いくつか使う際に注意すべき点があります。順番にご説明しますね。

・出し惜しみしない

最重要項目はこちら。「普通のお風呂洗剤より良い値段するしちょっとだけにしとこ・・・」とケチる人、気持ちは分かります(過去の私)。でもここでケチると、後でお風呂に入った時に浴槽のぬめりが気になったり落ちきれてない汚れにがっくりすることになり、自分で自分の首を締めることに繋がります。

洗剤は出し惜しみせず、浴槽全体を泡で覆い尽くす勢いでシュッシュッシュッシュッシュッシュしちゃいましょう。泡が流れたところから汚れを落としてくれるので、できるだけ浴槽の上の方(手すり)から噴射するのがポイントです。

・容器が壊れやすい

Twitterでもこんな悲劇の声がチラホラ聞こえるくらい、バスタブクレンジングの容器は壊れやすい印象です。私も過去に何度も取っ手を折ったり、「出」「止」のひねるところが割れたりしてます。

・詰替え用が入れにくい

こちらもTwitterで悲しみの声がチラホラ……。私も詰め替え時、過去何度もどこまで入ってるか分からず最後ドバっと入れてしまって容器と手がべたべたになってます。最後の泡のモーレツな勢い、アイツは油断ならん。

・60秒後が数時間後になりやすい

あるあるです(私だけ?)。

60秒放置していいからその間にお米炊こう、あれしようこれしようと思ってると気づけば忘却の彼方で数時間経過・・・ということが何度かありました。カッピカピになってるのはもちろん、浴槽を傷つける場合もあるそうなので要注意。どうしても忘れがちな人はキッチンタイマーをつけるのがおすすめです。

まとめ

日々大量にある家事の中でも、毎日必ずやらなきゃいけないものの一つがお風呂掃除。どうせやるなら少しでもラクに済ませたいのが人情ってものですよね。

バスタブクレンジングなら、浴槽を全面シュッシュして放置してる間、お米を研いだり他の作業を進められるのでめちゃくちゃ助かります。

パパママさんだけでなく日本中全てのご家庭におすすめの一品です!

 

  • この記事を書いた人

ゆらまりえ

「子供が4人いても大好きな仕事を諦めたくない」「でも子供との時間も大切にしたい」を叶えるため、在宅ワークで正社員してます。家事代行を週3〜4で活用中。

-おすすめ商品・サービス

Copyright© ユラブロ。|育児ハックと家事をラクにするおすすめグッズ紹介 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.