仕事 赤枝医院

「赤枝医院 無痛分娩」で検索1位になるまでにやったことを全て公開します

投稿日:

昨日、永江さんに先日書いた「在宅ワークのメリット・デメリット」を紹介していただき、ブログで言及していただきました。

・在宅勤務の社員ってこれからアリだけど、雇う側からの考察をしてみた。
(「由良さんみたいに仕事にやる気があって機転がきくひと」というお言葉を家宝にしたい)

その結果アクセスが倍×倍増!昨日1日でTwitterが52人、インスタが3人、Facebookが5人の方にフォローしていただきました。皆さまありがとうございます!少しでも役に立つ情報発信ができますようがんばりますのでよろしくお願いいたします〜!!

ーーー

そして突然ですが、このブログの検索ワードを公開しますと、

アクセス解析 livedoor Blog

「赤枝医院 芸能人」
「赤枝医院 ブログ」
「赤枝医院 評判」
「赤枝医院 無痛分娩」
「赤枝医院」
「赤枝医院 口コミ」
「赤枝医院 陣痛」


赤枝医院ばっかり!

そう、娘を出産した東京都多摩市の「赤枝医院」に関するキーワードで訪問してくださる方が大多数なのです。中でもアクセスが高いのがこちらの記事。昨年9月、無痛分娩で娘を出産した時の体験記です。ありがたいことに常に人気記事のトップにいます。

そして先日、ついに「赤枝医院 無痛分娩」というキーワードでGoogleの検索表示1位をとることができました

img1471571376704

※SEOチェキ調べ
ちなみに「検索順位チェッカー」ではGoogle4位、Yahoo!1位。どの端末、どのブラウザで検索しても1ページ目には当ブログが出てきました。

実はこれ偶然ではなく、結構狙って獲得したものです。ということで、本日はSEO初心者の私がどんな手を使ってキーワードで1位を取れたのか、その手順を公開しようと思います。・・・なんて偉そうに言っても全て素人の見よう見真似ですし、成功体験も今回の1例しかないのであくまで「なんか頑張ったのね」程度の生温かい目でご覧ください。ではレッツゴー!

きっかけ

まず、なぜ「赤枝医院 無痛分娩」のキーワードで1位を取りたいと思ったか。それはずばり「私自身がこのキーワードで検索して納得する記事に辿りつけなかったから」です。

昨年の8月、第二子妊娠10ヶ月前後の頃、いよいよ出産が近づいてくると否が応でも不安になってきます。
「いくら無痛分娩といえど少しは痛いんだろうな・・」
「どのぐらい痛いんだろう」
「どんな手順で麻酔処置とかするの?」
「もしかしてその処置が激痛なんだろうか・・」
とか、考えだすと夜も眠れない日もありました。いくら2人目といえど出産は命がけ。怖いものは怖いのです。

320369d1e316c263544b24586bb0613b_s
(イメージ)

 そんな時、既に出産した方の体験記を読んで心を落ち着かせようとと検索しても、出てくるのは数百文字程の感想ブログか、レポが途中で終わってるもの(「いざ陣痛開始です!」の続き記事がないとか)ばかりで、「あーこれは参考になった、こんな風に処置するんだ!」と納得できる記事がなかったんです。

しかも、他医院なら分かるのですが、赤枝医院といえば多摩市のみならず都内からも通院する方がいるほどの人気産婦人科。(こちらにも出てます)しかも通院妊婦さんの7割以上が無痛分娩を選択するというにも関わらず、そのレポートがないなんて不便すぎる。

「じゃあ私が書こう!そしてせっかく書くならすぐに見つけて読んでもらえるよう、検索上位を目指そう!」と決意。そこからせっせと独学を始めました。(この時すでに臨月。ネット大好き暇人妊婦です)

やったこと   

1. ターゲットを決める

まず何から着手したかというと、この記事を読むターゲットを決めました。おそらく私も含め「赤枝医院で出産予定でかつ無痛分娩の方」だと思うので、その人に響く内容を考えました。

・赤枝医院ってどういう病院か?
・無痛分娩ってどういうものか?
・出産当日の様子だけよりも、その前からどんな具合で体の変化が起こったのかも知りたい
・出産当日の様子を陣痛から細かく知りたい
・できるだけ臨場感が伝わるように→Twitterで中継しよう!と思いつく
・インパクトとネタ的な要素も入れたいので、「胎盤を食べる」というのもいれよう

こんな感じです。

2. キーワードを調べる

「赤枝医院」で検索した時に他にどういうキーワードが出てくるか調べました。「無痛分娩」はもちろん、「芸能人」「ナヲさん」「体験記」などが多かったので、そこはしっかり本文に入れる。

3. 当日までの様子を忘れないようメモ

ブログを書くことは決めていたので、様子を忘れないよう当日まで簡単なメモをとっていました。

4. 陣痛〜出産当日

Twitterで実況中継!これは実際自分がどんな状態になるか(無痛といえどめちゃくちゃ痛くて何も書けないなど)分からなかったのですが、幸い本当に「無痛」で余裕があったのでうまくいきました。

5. ブログ書く

出産から3ヶ月後と思いのほか遅くなりましたが、メモとか残ってたし準備も進めてたので3時間ぐらいで書けました。(キーワードをしっかり本文に入れつつ)

反応は?

初めはFacebookで公開したのですが、結構反響がありました。特に同じく出産を控えたママさんに好評だったらしく、「出産前にユラブロを読んでおいたほうがいいって言われて読んだよ」という方もいて、嬉しかったです。 

赤枝医院関係の記事を増やす

もちろん1記事だけで検索トップに来ることはできないので、「赤枝医院で出産予定の方が気になりそうだな」という記事をいくつか増やしました。

・【赤枝医院】入院中の食事をご紹介します
・【赤枝医院】検診帰りのランチはここで決まり!聖蹟桜ヶ丘のおしゃれカフェ「Garden」のハンバーガーは絶品です
・【赤枝医院】AKAGUMI201509(2015年9月生まれの同窓会)に行ってきました!

その際、タイトルに【赤枝医院】を入れ、検索で引っかかるよう意識。その他も「食事」「Garden」「AKAGUMI」など「赤枝医院」と共に検索されているワードも入れるようにしました。

ーーー 

 

そんな感じです。少しでも参考になりましたでしょうか。また的外れだったり、もっとこういうやり方があるなどありましたらTwitter等でお知らせください!では皆さまよい週末を〜!
 

  • この記事を書いた人

ゆらまりえ

在宅ワーク× 正社員× 3児の母(8歳、3歳、1歳)。おまけにブログ書き。永江一石(@isseki3)事務所アシスタント兼、危険な受動喫煙撲滅党多摩支部長。裁量労働制で在宅正社員してます。青学日文卒 / 元雑誌編集者 / ブログリニューアル1ヶ月で1万5千PV

-仕事, 赤枝医院

Copyright© ユラブロ。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.