多摩っていいとこ。 子育て

もう「疲弊したベッドタウン」とは言わせない!多摩センターの魅力をトコトン語ります

投稿日:

20653f34d673106282887ed4deba8ce9_s

実は、私がブログを再開した理由の一つに「多摩センターの魅力をもっと知ってもらいたい」というのがあります。(プロフィール参照)

多摩センターといえば、よく「ここは買っちゃいけない不動産」の上位ランキング入りしたり、「疲弊したベッドタウン」が枕詞となっているのですが、3年半住んでいる者の感想としては

住むごとに大好きになっていく街

の一言です。こんないいとこないよホント。。

しかし、友人にそう伝えても・・

「えっ、多摩センター・・?サンリオピューロランドがあるとこだっけ??」レベル。多摩地区の情報って都心在住の人にはほとんどネガティブなものしか伝わってないし、いくら説明しようにも本当の魅力は住んでみないと分からないんです。

しかも、いくらネットで検索しても多摩センターの魅力を紹介してる記事ってほとんどない(特にママ目線)!「多摩センター 魅力」で検索してみるとよく分かります

IMG_0751
NAVER まとめとか住宅販売会社とかさ・・

「じゃあもう自分のブログで紹介すればいいじゃん!」というわけで、住民からみた多摩の魅力を10個紹介しちゃいますよ。多摩センターへの愛のみで書いてます。「ブログは愛を語るもの」という永江さんの言葉が背中を押してくれましたww

まず前提をば。

本題に入る前に私の立ち位置ですが、

・約3年半前に多摩センターに越してきた
・きっかけはマンション購入
・その前は世田谷区の自由が丘に3年半居住
・息子の小学校入学を考え、定住できる場所を探していた
・希望は子育てしやすい街であること
・多摩に親戚がいるわけではなく、縁もゆかりもない

です。よく「自由が丘から多摩に越してきたの!?」と驚かれますが、もちろん住みたい街ランキング上位常連の自由が丘もとても素敵な街でした。ですが、それでも個人的には子育てするなら多摩センターに軍配があがると思っています。理由は以下の通りです。

多摩センターの魅力

1. 自然が多い

自由が丘には息子が2歳9ヶ月まで住んでいたのですが、生活圏内に自然が少なく、ピクニックのためにわざわざ電車で公園に行くほどでした。それもわんさか人がいて落ち着かないところとか周りに幹線道路が通ってて空気が悪いところばかり。車がなかったのでお出かけは基本電車なので仕方がないのですが、子連れで大量の荷物を持ってベビーカー引きながら電車移動って、結構ハードです。

それが、今では徒歩5分圏内に大きな公園が数箇所あります。どのぐらい大きいかというと、
IMG_7917

ドドーン!このぐらい!

こちらの多摩中央公園は広い芝生と噴水のある池に囲まれ、天気の良い休日は家族連れで賑わう憩いの場所です。特に爽やかな5月、キラキラ光る太陽に緑が照らされた芝生で人々が笑い合っている景色は地上の楽園そのもの。その他もサクラの名所でもある「宝野公園」や、夏に水遊びができる「一本杉公園」などもおすすめ。やはり子供には自然に触れて育って欲しいので、これはほんとに嬉しい。詳しくはこちらの記事もどうぞ。

2. 商業施設が充実している

多摩センターは駅周辺の商業施設がとても充実しています。スーパーは駅から10分圏内で5軒(京王スーパー、千歳屋、イトーヨーカドー、三越の地下、ダイエー)、ドラッグストア3軒(マツキヨ、ミネドラッグ、龍生堂)、ファミレス5軒(サイゼ×2、ジョナサン、デニーズ、ロイヤルホスト)、主要銀行複数、ホテル(京王プラザホテル)、サンリオピューロランドなどなど・・今思いついただけでもかなり充実してます。

そして個人的にポイントが高いのは、馴染みのチェーン店が多いこと。これ、多摩市の欠点としてあげられることもあるのですが、私的には小さい頃から親しんできたお店の味が身近にあるのは嬉しいことです。幼稚園のお迎え帰りに両親と食べたモスバーガーとか、小学生の時に父がお土産で買ってきてくれたミスタードーナツとか、クリスマスパーティで欠かせなかったケンタッキーとか。思い出とともに蘇る懐かしさ。嗚呼。。

なにげに、自由が丘にはミスドもモスもなかったんですよね。もちろん需要がないからでしょうし、全く構わない人も多いと思いますが、ド庶民の私にはちょい寂しかったのです。なので今はうれしい。

3. 病院が充実している

これ、かなり嬉しいポイントです。特に自宅から徒歩10分圏内に土日祝日診療の小児科があるのはとてもありがたい。大体子どもたちは狙ったかのように金曜の夜に発熱するので、わざわざ休日診療の病院を検索したりしなくていいのは嬉しいです。

ちなみに内科も土日祝日診療の病院もあり、我が家は夫婦でお世話になってます。

4. 車歩分離で安全

多摩センターを中心とした多摩ニュータウンの特徴の一つに「車歩分離の徹底」があります。これは駅からペデストリアンデッキを通って大型スーパーなどへ行けるため、小さいお子さんがいるご家庭は特に安心感があるのでは。
177463_pede

↑こんな感じ。自由が丘に住んでた頃は環八の横断歩道とか普通に保育園までの登園路で、毎朝通るたびに排気ガスがすごかったです。もう遠い昔のようだ・・

5. 地盤が固い

まずはこちらをご覧ください。(ライブドアニュース引用)

防災科学研究所が公表する「J-SHIS」の表層地盤の増幅率を基に作成した“地震に強い”ランキングを参考にすると、最も地盤が安定しているのは多摩市だ。

以下、上位を列挙してみると、八王子市、稲城市、武蔵村山市、国立市、立川市、日野市、昭島市、小金井市、府中市、町田市、東大和市、国分寺市、東村山市、調布市、西東京市、清瀬市、大田区、墨田区、台東区、北区、渋谷区、杉並区、東久留米市、新宿区、小平市、三鷹市、練馬区、目黒区、板橋区、世田谷区、中野区、武蔵野市となる。

そう、意外と知られていないのですが、多摩市はめちゃくちゃ地盤が固いんです。首都直下型地震がいつきてもおかしくない今、少しでも地盤の固い土地に住んでいると安心ですよね。

6. 意外と交通のアクセスもいい

「多摩」と聞くだけで「いや、会社は渋谷だし無理や」と考えるのは尚早ですぜ。実は多摩センターは三路線が通っており(京王線、小田急線、多摩モノレール)、意外と交通の便は悪くないんです。例えば京王多摩センターから新宿までだと準特急で約30分。運が良ければ座って通勤できます。

ちなみにバスも充実していて、成田空港&羽田空港の直通便もあります。新幹線なら新横浜まで約20分ですので地方への出張にも便利。

7. 保育園も充実

働くママさんにとって死活問題の保育園ですが、ますます激化する都心に比べ、多摩市は比較的競争率が低い気がします(あくまで個人的観測です)。もちろん駅前のアクセスが良い認可保育園は競争率高めですが、それでも4−5倍程度だとか。実際、私も娘を0歳で駅から離れた認可保育園に申請を出したのですが、6人の定員に対して応募人数は7人。あまりハラハラすることなく結果を待ち、無事に入園することができました。ちなみに申請得点は満点ではなく、です。世田谷ではあり得ないでしょう。

8. 近隣に子どもと行ける遊び場が多い

そう、多摩は休日のお出掛けスポット選びには困りません。ここからは過去3年半の家族写真とともにご紹介します。

ーーー

多摩動物園
IMG_4599
京王れーるランド

IMG_9335

昭和記念公園
IMG_9738

服部牧場
IMG_9784
他にも町田リス園とかよみうりランドとか色々、全て多摩センターから車で40分以内に行けるところに子供が喜ぶ場所がいっぱいあります。

9. 子育て世帯が多い

これも暮らしていて感じることですが、多摩センターは子育て世帯が多い!「道を歩けば子供に当たる」レベルで、見た感じ平均年齢30代前半〜40代手前ぐらいのご家族が中心です。

というのも、今多摩センターは新築マンション建設ラッシュで、私が越してきてから5軒以上建ったんじゃないかなあ。おそらく小さいお子さんがいるご家庭が多いと思うので、街全体もこれからどんどん活気づいていくんじゃないでしょうか。

子育て世帯が多い街の何がいいかって「子供がいても気兼ねしなくていい」ことです。自由が丘も小さい子はたくさんいましたが、やはりオシャレな街なので若者やカップルも多く、かつ長年お住まいのセレブ風ご夫婦もよく見かけたため、外食など結構気を遣いました。

その点多摩センターはちょっとお水をこぼしたり何か粗相があってもお互い様精神ですし、すれ違う時に優しく話しかけてくれる方も多いです。顔見知りのママ友も増えました。

10. 駅前のイベントが多彩

個人的に、これも結構ポイント高し。駅周辺では1年中季節ごとのイベントをやっているので、お祭り好きにはたまりません。GWや夏休みなど、連休に遠出しなくても地元で楽しめるのは嬉しいです。出店も三越のテナントが出張出店していたりするので高品質な気がします(食べ物がみんなおいしい!)

夏祭り
IMG_4359

ハロウィン
IMG_2847

クリスマス のイルミネーション
IMG_2903

などなど。その他にも三越周辺ではキティちゃんのひな祭りイベントや鯉のぼり飾ったり色々やってます。
 
ーーー

いかがでしたでしょうか。まだまだ書きたいことはあるのですが、少しでも多摩の魅力が伝われば嬉しいです。子育て事情とか生活についてとか治安とか諸々、もっと多摩センターについて詳しく知りたいという方はお気軽にTwitterでDMください。(可能な限り)何でもお答えします!
 

  • この記事を書いた人

ゆらまりえ

溺愛系3児の母(8歳、2歳、0歳)です。永江一石(@isseki3)事務所編集アシスタント兼、日本嫌煙党多摩支部長。第3子産後40日で仕事復帰。裁量労働制で在宅正社員してます。産後ダイエット−11キロ達成 ( #ゆらの産後ダイエット )/青学日文科卒。ブログは主に育児 、在宅ワーク、ダイエットについて書いてます

-多摩っていいとこ。, 子育て

Copyright© ユラブロ。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.