無痛分娩体験記 赤枝医院

【赤枝医院】無痛分娩体験記〜予定日一週間超過から胎盤を食すまで〜

更新日:

f5dae87e3ac59423637c74cb295ab9fb_s

早いもので、第二子出産からそろそろ3ヶ月が経ちます。
忘れないうちに今回の出産の備忘録と、
今後無痛分娩を考えていらっしゃる方へ私の体験記をお伝えします!

書き終わってみたらとんでもなく長文だった!
よろしければお付き合いいただけましたら幸いです〜!
 

出産に選んだ病院となぜ無痛分娩にしたかについて

 

今回の出産では多摩市の赤枝医院を選びました。

images2

綺麗でまるでホテルのようだと
多摩ではちょっと有名な産院なのですが、

実はここは以前から知っていました。

というのも、第一子出産の時に
心の支えにしてたマキシマムザホルモン
のナヲちゃんのブログで、
ナヲちゃんが出産した病院がまさに赤枝医院だったんです!

※その時のナヲさんのブログ

で、とっても良かったと絶賛されてたのがずっーと印象に残っていて、
たまたま多摩市に越してきたのでせっかくならということで。
今回は息子の幼稚園もあるので里帰りはしない前提で、
無痛分娩をやっている産院も限られていたのでココに決めました。

なぜ無痛分娩にしたかというと、
もう「第一子の時の産後が辛すぎたから」の一言に尽きます。。

いま5歳の息子は自然分娩で出産したのですが、
産後の戻りが極端に悪く(腰痛、足のむくみ、膀胱炎、尿漏れ)、
その後1年ぐらい本気で苦しんだので
もうあれは体験したくない…!と無痛を選択しました。 
いやあ ほんとあれはキツかった。。出産ってほんと命がけです。

 

出産一週間前〜当日朝まで

 
で、元々の予定日は2015年9月2日だったのですが、
華麗に一週間超過。

第一子の時も41週で生まれたので
特に焦る様子もなく淡々と過ごしていましたが、
腰も痛いしお腹も重いし
検診は週2回になって大変だしで、
先生とも相談し、「そろそろ出しましょう!」と
計画分娩に移行しました。



立会い出産の予定だったので夫も9月10日に休みを出し、
準備万端で当日に臨む気満々でした。
が、なんとその3日前の7日、突如として
おしるし(陣痛前に出血するやつ)が!!



計画分娩とはいえやはり予定調和にはいかないのがお産。
翌日の8日には少しずつ鈍い痛みがき始めて、
念のため診察へ。


とりあえずその日は帰宅し、様子を見ることに。
しかし、その日の夜中から強烈な痛みが!!

↑15時半っていうのは夫が駆け付けられる時間のことです。
10日の予定分娩だったので
前日9日には都内でアポが入ってたのです。

そして朝まで痛みは続いたため、再び診察へ。
出かける直前、夫に「次会う時は娘と一緒かもね〜」
なんて冗談で言っていましたが、
まさかそれが現実となるとは!!

病院到着、即入院決定

 
そして痛みに耐えながら病院に到着し、
内診してもらうと既に子宮口4センチ大!!!

すぐに入院着に着替え、無痛分娩の処置のため分娩室へ。

初め看護婦さんに
「痛みはどうですか?すぐに無痛処理しちゃいます?

初産婦さんとかだと初めは陣痛の痛みを味わいたいとかいう方も
いらっしゃるんですよ〜」なんて言われるが、

「いえ、今すぐにお願いします」(キリッ)
 即答。

もう1秒でも早くこの痛みから解放されたい…!

無痛処置、この奇跡なる人類の叡智

無痛分娩って一言で言っても病院によって
かなり差があるらしく、
子宮口10センチになってから初めて無痛処置するところとか、
休日は麻酔医がいないので処置が出来ないところとか、
完全には痛みが消えない緩和処置にするところとか、
様々あるのですが、赤枝医院は

「24時間365日対応」
「完全無痛」
※個人差はあります

の方針でした。いやー心強い!

硬膜外麻酔といって、
簡単にいうと背中に針を刺してチューブを通し、
そこから数時間ごとに麻酔を入れて
痛みを消していくやり方です。 

よく無痛とはいえこの針を刺す注射が痛い!
という話も聞いてたんでビクビクしてましたが、
実際はちょっとチクっとしたかなーぐらいでした。
私はあまり注射に恐怖心がない方なので
個人差はあると思います!
でも赤枝医院の先生はとっても上手なので
心配いらないです!

そして気になる無痛処置後、どうなるかというと、、

ほんとにまったく
痛みがなくなりました。
ええ、本当に痛みゼロです。 

麻酔薬を入れる時すーっと背中に冷たい感覚が
おりてきた後は、ちょっとお腹の張りを感じるぐらい。
これには
 心の底から衝撃を受けました。
特に前日の夜中から前駆陣痛に苦しんだ後だったので、
「ああ、痛みが引いていく…!」
と天にも昇る心地でした。
世の中にこんなに素晴らしい医療技術があるとは、
人類の叡智に感謝しました。
神様ありがとうございます…!

「昼寝しててもいいですよ」と神の声!そして・・・

無痛処置してもらってからは、
本当に奇跡としか思えない神秘的な時間を過ごしました。
まず、寝てるだけで自然と子宮口が開いていくんです。
その間、お腹の張りこそあれど、痛みはゼロ。
無痛ってすごいです〜。

ちなみに分娩室はこんな感じ。

2015-09-09-11-37-20

ベットの横に大きく「生」の文字があって励まされます!

部屋全体が薄暗くなってて(明るいのも選択できる)、
前にはヒーリング映像。音楽もかかってて、お香も焚いてありました。

2015-09-09-13-33-27

 

 

2015-09-09-12-09-48

昼食はたらこスパゲティー!
「大丈夫?食べられそう?」って聞かれたけど
光の速さで完食w 

 

↑そう、まだTwitterしてる余裕があったんですww
分娩室は携帯OKだからギリギリまで呟く覚悟を決める。

昼食後、満腹でウトウトしてたら
「まだかかりそうですねー。昼寝してても大丈夫ですよ〜」 と
優しいお言葉が!子宮口7センチ大の陣痛中に昼寝とは!

さすがに興奮して寝られず、
引き続きTwitterにて実況中継してました。
 

その後、少しの張りの後、看護師さんにいきみ方を教えてもらい、
合図と同時にいきみ開始!最後に先生が来てくれて、 

無事に出産できました。最後までほとんど痛みなく。
感無量です。

痛みの有無は関係ない。大事なのはママが心地よくいられること。

出産って女性にとって人生で何度もない貴重な体験で、
人それぞれ臨み方があると思います。

それは個人の自由なので正解なんてないんだけど、
大事なのはママが本当に満足して
納得できるお産であるということ。

もし痛みが怖くて生むのを躊躇してる人がいたとしたら、
選択肢の一つとして、
無痛分娩はとても良いのではないかと思います。
おかげさまで産後の戻りもよく、
私にとっては大正解でした。

 

おまけ:胎盤食べたよ!

最後になりますが、
今回の出産で、初めて自分の胎盤を食べてみましたw

って書くと「ヲイヲイ!」ってなりそうですが、
哺乳類は産後食べる動物も多いし、胎盤って「プラセンタ」だから
肌に良さそうだし、産後にもいいかなーと思って
好奇心でバースプランに組み込んでおいたのです。

そしていざ出産が終わり、、、出てきた!

※レバー系が苦手な方は閲覧注意!

BlogPaint

一応うっすらモザイクかけときましたw
こんな感じでワサビ醤油でいただいたのですが、
味はお刺身とほぼ変わらずで、
食感は「マグロ」に似てました〜。結構美味!

こうして自分の胎盤を
全世界に公開することなんてなかなかないので、
少しでもこれから胎盤食べたい!って
思ってる人の参考になれば幸いです〜。
(いるのか?)

ではまた! 


Twitterはこちら

 

  • この記事を書いた人

ゆらまりえ

在宅ワーク× 正社員× 3児の母(8歳、3歳、1歳)。おまけにブログ書き。永江一石(@isseki3)事務所アシスタント兼、危険な受動喫煙撲滅党多摩支部長。裁量労働制で在宅正社員してます。青学日文卒 / 元雑誌編集者 / ブログリニューアル1ヶ月で1万5千PV

-無痛分娩体験記, 赤枝医院
-, ,

Copyright© ユラブロ。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.